危険な蜂から身を守る〜スズメバチ駆除はエキスパートの出番〜

蜂の巣には近づかない!刺激を与えずに駆除業者に連絡

スズメバチ駆除作業で蜂に刺される危険~蜂毒アレルギーで窒息死~

1回刺されても危ない?蜂毒アレルギーとは

駆除作業中に蜂に刺されると、体質によって、かゆみや肌が赤く腫れあがる人もいます。また、発熱や嘔吐などの症状を引き起こすこともあります。これらは蜂毒アレルギーによるもので、体内に蜂毒が入るとアレルゲンやヒスタミンに過剰反応で起こる症状です。重症の方は呼吸困難で窒息死することもあります。

スズメバチに刺されたらこうなる!~危険なアナフィラキシーショック~

もし、アナフィラキシーショックを引き起こした場合、症状が早く出るほど重症になる傾向にあります。症状が出てから心停止までの時間が15分のケースもありますので、しっかりと知識を身につけ対処することが大事です。

アナフィラキシーショックの主な症状

  • 軽い痛み
  • かゆみ
  • 腫れ
  • 全身のじんましん
  • 皮膚炎
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 浮腫
  • 血圧低下
  • 呼吸困難
  • 意識障害
息苦しい男性

アナフィラキシーショックを起こす多くの方は、2回以上刺された場合に症状が出ます。最初に刺されたときに、体内に蜂毒に対する抗体ができてしまうので、2回目以降に体内に蜂毒が入ると全身症状を引き起こしやすくなります。しかし、初めて刺された人の方が窒息死に至るケースが多いという報告もあります。子供の場合、重症なアナフィラキシーショックに至るのは、約1%と考えられています。

子供を守る!~刺されたときに親が出来ること~

子供がスズメバチに刺された場合は、アナフィラキシーショックになる可能性もありますので、早急に救急車を呼び、病院で処置してもらってください。そして、応急処置も覚えておきましょう。

救急車が来るまでできること

  • スズメバチがいない場所に子供を非難させる。
  • 毒針が皮膚に残っている場合は抜き取る。ただし、直接触らないこと。
  • 刺された箇所から毒を出すために、水で流す。
  • リムーバー(毒針・毒液吸引器)を使用する。
  • ステロイド軟膏や抗ヒスタミン軟膏を患部に塗る。
  • スズメバチに刺された箇所を冷やす。(氷や保冷剤を使用)
TOPボタン